ホーム > 店長ブログ > 2012年3月

2012年3月

コダック シグネット300

DSC_0300.JPGDSC_0301.JPGコダックの破綻のニュースはこれで銀塩写真も終わりかと思えるような悲しいニュースでした。デジタル写真の開発には早くから着手していたのにフイルムにこだわりすぎたようです。今月の『アサヒカメラ」を見ると縮小は止むを得ないでしょうがコダックが無くなることはなさそうです。一方で富士フイルムが500年保存できる映画用フイルムでアカデミー技術賞に輝いたといううれしいニュースがありました。デジタルでの保存は金がかかりすぎ、データの転換も大変です。フイルムはまだまだ無くてはならないものです。
コダックのシグネット300、かわいいデザインで人気があります。エクターレンズも定評があります。カメラとしては簡単な作りですが、必要にして十分な機能が付いています。手動でシャッターセットも慣れればそれほどめんどうでもありません。裏蓋がはずれてしまい、ちょっとはめにくいのが難点でしょうか。専用の皮ケースで首にぶら下げるのもおしゃれです。、コダックのカメラというとレチナが有名ですが こちらはアメリカ製で同じコダックでも全く作りが違っています。

1
PAGE TOP