ホーム > 店長ブログ > クラシックカメラ > ローライ35クラシック
店長ブログ

ローライ35クラシック

R0021210.JPG R0021211.JPG

ローライ35クラシックは予約販売で40万くらいしたように記憶していますが、ファインダーが曇ってしまったと清掃を依頼され、始めて開けてみました。シューが上に、沈胴用ボタンが鏡胴横に移ったのが主な変更で、中身は殆ど一緒です。ただ、ファインダーはプラスチック製の一体形状で分解清掃できるようには作ってありません。オリジナルとも形状が違って入れ替えも不可で、残念ながら返却です。オリジナルもファインダーの清掃は外側しかできませんが、ガラスレンズでこのように曇った状態の物は見たことがありません。

 
PAGE TOP