ホーム > 店長ブログ

店長ブログ

12月の臨時休業日

12月の臨時休業

   2日(土)  11日(月)  16日(土)  28日~4日(木)

メッサーシュミットに乗せてもらいました。

IMG_1188[1].JPG IMG_1186[1].JPG

まさしくキャビン付きモーターサイクルです。

ドイツの戦闘機メッサーシュミットそれを製造していた会社が戦後作った何とも愛嬌のある三輪車、乗せてもらえる機会に恵まれました。

遊園地のゴーカートに乗ってる気分、道路の凹凸がもろに体に来ます。

IMG_1194[1].JPG IMG_1193[1].JPG エンジン音が主体の騒音はすさまじいし、小さな座席は長時間乗車を想定していません。タンクも小さいし燃費も良くないとのことで、30分も乗り続けると一休みでしょう。ザックスと銘のある200CC程の10馬力2サイクルエンジン、チェーン駆動、実にシンプルで楽しい。

コーワ6Xのミラーチャージ不良の修理

R0021213.JPG R0021215.JPG コーワ6Xで巻き上げてもミラーがセットされない修理品を預かり、開けてみると、ミラーチャージ用クラッチアームの爪部が欠けている(左画像)。修理不可となるところだったが、このカメラの持ち主がこの部分にスポット溶接してくれた。あとは形状を修正することでカメラがよみがえった。

ローライ35クラシック

R0021210.JPG R0021211.JPG

ローライ35クラシックは予約販売で40万くらいしたように記憶していますが、ファインダーが曇ってしまったと清掃を依頼され、始めて開けてみました。シューが上に、沈胴用ボタンが鏡胴横に移ったのが主な変更で、中身は殆ど一緒です。ただ、ファインダーはプラスチック製の一体形状で分解清掃できるようには作ってありません。オリジナルとも形状が違って入れ替えも不可で、残念ながら返却です。オリジナルもファインダーの清掃は外側しかできませんが、ガラスレンズでこのように曇った状態の物は見たことがありません。

 

アグファのカメラ修理

R0021138.JPG

アグファはフジ、コダックのようなドイツの写真総合会社でした。カメラもかなりの機種を製造していtますが、高級機は作っていません。そのせいか殆ど相手にされないカメラです。しかし折り畳み式のカラートのようにユニークなものもあり、写りは確かで、何といってもドイツ製で、気にかけないままきたのはかわいそうな気がします。めったに修理することはありませんが珍しくスーパーリージェントという35ミリの折り畳み式カメラが入ってきました。無理をせず、手動セットと割り切っていますが、そのせいで壊れにくいと思います。ファインダー距離計も見やすく、手ごろな大きさで使いやすいと思いました。米のアンスコからも同じカメラが発売されています。

国産初の35ミリレンズシャッターカメラ コニカⅠ

R0021111.JPG R0021109.JPG コニカは国産としては最初のレンズシャッター35ミリカメラです。戦前に試作機としてルビコンが作られ、これが戦後の1948年コニカとして発売されました。ヘキサ―50/3.5コニラピッド1~1/500
沈胴式なのと距離計連動以外何もないシンプルなものです。まき止めも右画像で見られるように、スプロケット直結の、のの字円盤でレバーが落ち込み止める仕掛けです。

レンズシャッター式一眼レフの修理

R0021115.JPG

フォーカルプレーンシャッター式ではないレンズシャッター式の一眼レフの修理は
難しくて、また治らぬ場合もあり、手掛けてみないとそのあたりもわからないし、持ち込まれると悩むところです。
これはトプコンユニで、レンズ交換可、シャッター優先露出オートのカメラです。絞りの作動不良がボデー側とレンズの双方に関係するのですが
リングの摺動部の動きをできる限り軽くしてもなかなかうまくいかず苦労します。

古いレンズの絞り羽根組み込み

R0021069.JPG レンズの絞り羽根の油粘りで作動不良を起こしていると分解洗浄して組み直しになりますが、絞り部分がユニットで外れないで、このレンズ(八ッセル1000用ゾナー135/4.5)のように筒の底に組み込まなければならないと、とても大変です。どうしても組み込めない時は折角洗浄したのにまた油で粘らせて組み込んだあと、洗浄液で組み込んだまま洗ってしまうしかなく(レンズは全部外します)、それなら初めから羽根を外す必要はないことになります。作動不良を起こしていなければ少々の油染みだしはそのまま使用してもかまいません。

レンガみたいカメラ アーガスの中身

R0021006.JPG R0021007.JPG

まるでレンガみたいに無骨な箱型カメラの前板を開けた中身です。
シャッターのセットレバーの下にあるのがガバナーで、そこから伸びたロッドが直角に上に伸びていて速度ダイアルを回すと、ガバナーのかかり量が変わる仕掛けです。前板の下にある部品は距離計の一部です。
 

ミノルタオートコードのフォーカスレバー破損

 

R0021015.JPG R0021012.JPG ミノルタオートコードはヘリコイド式のピント調整機構でそのためのレバーがカメラの全面下部にありますが、これがダイキャストなので折れてしまうものがあります。こうなると部品を外して加工するか、折れていないものから部品取りして交換することになります。レバー部分をカットして新たにつまみの付いた部品を継ぎ足して取り付けたのが右の写真です。
1  2  3  4  5  6
PAGE TOP